KOYO TIMES
洸陽電機社員ブログ
2016年10月3日(月)

【第10回】平成28年度 内定式

バックナンバーを見る

平成28年度の内定式を開催しました

『すぐに役立つ人材』になってほしい

10月3日(月)に神戸本社で平成28年度の内定式が行われました。今年度(平成29年4月入社)の内定者は5名です。まず、会長の山本から祝辞が贈られました。
「これから先の20年で、想像できないくらい社会は大きく変わるだろう。洸陽電機は、変化をリードする存在でありたい。半年後には社会人としてお給料をもらうことになる。その前に充実した半年を過ごし、『すぐに役に立つ人材』として4月から活躍してほしい」とメッセージを送りました。

内定証書を授与し、握手を交わしました

社長の乾から、内定者の皆さんに内定証書が授与されました。おひとりずつ名前をお呼びして内定証書を手渡し、握手を交わしました。少し緊張していたようですが、握手を交わすと、皆さんから笑みがこぼれました。また、その後の各自の自己紹介では、それぞれに入社後の決意について述べました。

未来を創っていく洸陽電機

続いて、乾からも祝辞が贈られました。
「こうして、当社で内定式を迎えるのも偶然ではなく必然のことだと思う。これから、会社としてどういう道を歩んでいくか考えていくべきだ。皆さんにも『今の洸陽電機』に入社するのか、それとも『未来を創っていく洸陽電機』に入社するのか考えてほしい」と、企業としての使命を述べました。来年の4月から共に働けることを楽しみにしています!