KOYO TIMES
洸陽電機社員ブログ
2015年4月1日(水)

【第5回】平成27年度入社式が行われました。

バックナンバーを見る

新入社員の皆さま、おめでとうございます!

本社、東京支社あわせて13名が入社いたしました。

2015年4月1日、本社の3階にて入社式が行われました。今年の入社数は13名。
当日はあいにくの曇り空でしたが、新入社員の皆さまのはつらつとした笑顔に式典は晴れやかなものになりました。

初めに参加者全員で経営理念と社是の唱和が行われました。

経営理念と社是を声に出して唱和するのは、新入社員にとっては初めてのことでしょう。
緊張からか少し声が震えているような印象もありましたが、洸陽電機の社員の一員になるんだという熱い思いが伝わってきました。

『ありがとうと言ってもらえる仕事なのか』を物差しに!

経営理念と社是の唱和が終わると、山本会長より祝辞が贈られました。

「洸陽電機はお客様や社会から“ありがとう”と言ってもらえる仕事しかしない会社です。仕事をする上で迷ったときは、『感謝の言葉がついてくる仕事なのか』を判断する上での物差しにしてほしい。“ありがとう”という言葉を、社会人として、人として心の中に持っていれば何事もうまくいくし、人生を豊かにしてくれます。」
という洸陽電機の社員として、社会人として大切なメッセージを伝えました。

“3つの素晴らしい”と“2つのモットー”

続いて、乾社長より祝辞が贈られました。

「我々も皆さんが入社してくれて幸せだが、洸陽電機の“3つの素晴らしい”に関われる皆さんも幸せだと思います。“3つの素晴らしい”とは、
1. 役員が素晴らしい:知識があり、向上心があり、行動力がある・・・・(笑)。
2. 部長・課長をはじめ、先輩社員が素晴らしい:入社して2・3年の先輩がすでに活躍して世の中の役にたっている。
3. 事業内容が素晴らしい:国産のエネルギーをどうやって創っていくかという生活に密着した大切な仕事に関われる。
そんな“3つの素晴らしい”に関われる皆さんは幸せだと思います」
という新入社員が安心できるメッセージを伝えました。

また、乾社長が大事している“2つのモットー”を新入社員に贈られました。
「私は“NOBLE STUBBORNNESS(高貴な頑固さ)” “知合行一(自分の思っていることと行動が一致している)”という言葉が根底にあり、理念や社是をもとに行動してきたからこそ、自信を持つことができた。これから、一緒に頑張っていきましょう」
というメッセージを伝えました。

辞令の授与に、緊張のおももち。

13名の新入社員のみなさんに乾社長より一人ひとりに辞令が授与されました。
みなさん社長を前にして緊張しながらも、しっかりと辞令を受け取り、洸陽電機で働けることの喜びをかみしめていらっしゃるようでした。

これから長く続く洸陽電機の文化を創って盛り上げていく!

最後に新入社員代表による決意表明が行われました。
「洸陽電機がこれから変化していくエネルギー業界の中で、変化に巻き込まれるのではなく、変化を起こしていく会社というところに興味を持ち入社を決意した。13名の新入社員が辞令を無事に受け取ることができてうれしく思ってる。我々新入社員はこれから長く続く洸陽電機の文化を創って盛り上げていく役割も大きいと感じている。しかしながら、まだまだスーツを着た学生なので、先輩方や上司の方々に厳しくも温かいご指導をお願いしたいと思っている」というたいへん力強く、頼もしいメッセージをのべられました。

先輩社員の皆さまは、新入社員をしっかり指導し、温かくサポートしていきましょう!
そして、経営理念と社是の元、共に明るくて活気のある、より良い職場にしていきましょう!