KOYO TIMES
洸陽電機社員ブログ
2015年10月1日(木)

【第8回】平成27年度 内定式

バックナンバーを見る

平成27年度の内定式を開催

平成27年度の内定者は5名

10月1日(木)に、神戸本社で平成27年度の内定式を開催しました。今年度の内定者(平成28年4月入社予定の新規学卒内定者)は5名。
当社の厳しい選考を乗り越えた、エネルギー業界で自らを成長させたい!という高い意識を持った若者たちです。

社会から必要とされる人材になってほしい

はじめに、会長の山本より祝辞が送られました。
「世の中は常に変化する。我々はその変化をリードしていかなければならない」
「入社後は大切に、そして厳しく育てる。それは、社会から必要とされる人材になってほしいから」
「仕事をなんのためにするのかを考えてほしい。我々は、みなさんが物心ともに豊かになるために、仕事をしたいと考えている」
という3つのメッセージを伝えました。

内定証書の授与は、笑顔と、力強い握手で

続いて、社長の乾より内定証書が授与されました。いままでガチガチに緊張していた5名でしたが、乾の「おめでとう」という言葉と、力強い握手で、若者らしいはにかんだ笑顔を見せてくれました。

自分の選択が、自分の人生を作っていく

乾は祝辞の中で、当社が独自の成長を遂げるための2つのポイントを述べました。
「確実に利益を上げ、社員に還元し、社会に還元する。これができない会社に意味はあるのか?」
「エネルギーソリューションで、社会から必要とされる絶対的な価値を持つ。これは当社が社会から望まれていることでもある」
そして最後に、自分で選択することの重要性について述べました。
「みなさんは今までたくさんの選択を経て、ここまで来ました。これからみなさんがどんな人生を歩むのか、しっかり選択して決めてほしい」

後悔しないように、芯を持った生き方をしたい

今年度は新卒の就活時期が後ろ倒しとなったことで、採用側もそうですが、学生も戸惑うことが多かったようです。
しかし、今年度の内定者の方々は、大手志向の学生が多い中で、早い段階から当社に興味を持って下さっていました。
決意表明の時に学生が言った印象な言葉があります。
「反省はしても後悔はしない。後悔しないように、芯を持った生き方をしたい」
エネルギーに対する高い関心や、社会から必要とされる人になりたい!という熱い思い。そういった「芯」を持っていたからこそ、就職活動のゴールを笑顔で迎えられたのだと思います。
来年の4月にみなさんと一緒に働けることを、社員一同楽しみにしています!