ニュースリリース

2013.06.07

楽天株式会社・株式会社大塚商会と関西電力デマンドレスポンス事業で協業します。

洸陽電機は楽天株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下、「楽天」)
株式会社大塚商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 裕司、以下、「大塚商会」)と、
今夏、関西電力管内で実施予定の節電アグリゲーター事業において、業務提携に本日合意しました。
今回の業務提携は、電力システム改革の一環として実施されている(注1)デマンドレスポンスに
積極的に関与していくことを目的としています。

洸陽電機は、平成24年4月、一般社団法人環境共創イニシアチブ(以下、「SII」)が公募した
エネルギー管理システム導入促進事業費補助金 (BEMS) において、唯一ベンチャー企業として
BEMSアグリゲーターに採択されました。
ビル等の高圧小口の電力需要家におけるBEMSの導入を促進し、エネルギー使用の効率化および
ピーク電力需要の抑制による節電を進め、電力消費量の削減を図っています。
本業務提携において、洸陽電機はピーク需要抑制効果を最大化するために、
楽天と共同で関西電力管内における楽天トラベルの契約施設向けに、
大塚商会は既存取引先の企業に向けBEMS導入によるネガワットソリューションを提案します。
楽天トラベルの契約施設や大塚商会既存取引先は、節電によるネガワット報奨金(注2)を
受領することで、昨今の電気料金の値上げ分を一部相殺できます。

同様に、電力需給が厳しい東京電力・九州電力管内においても洸陽電機は節電アグリゲーターとして、
全国で約500件の施設に対してデマンドレスポンス事業を実施する計画です。

また洸陽電機は、平成25年3月、同じくSIIが公募したスマートマンション導入加速化推進事業費補助金
(MEMS)においてもMEMSアグリゲーターとして採択されており、高圧受電マンションにおけるMEMSの
導入も推進しています。
今後、MEMSにおいても各社とさらなる協業を進めていく予定です。

注1.
電力の需給が厳しい時に、需要家側での電力削減努力によりピーク電力を下げること
注2.
需要家の節電による電力量を発電したものとみなし、それに対して電力会社が需要家に支給する報奨金

【参考】

関西電力 BEMSアグリゲーター募集
http://www.kepco.co.jp/business/aggregator.html

九州電力 節電アグリゲーター募集
http://www.kyuden.co.jp/press_h130513-1.html

楽天 プレスリリース
http://corp.rakuten.co.jp/news/press/2013/0607_01.html

大塚商会 省エネソリューション
http://www.otsuka-shokai.co.jp/products/miseruka/

経済産業省

BEMSアグリゲーター
http://www.meti.go.jp/press/2012/04/20120404001/20120404001.html

MEMSアグリゲーター
http://www.meti.go.jp/press/2013/05/20130514001/20130514001.html