ニュースリリース

2013.06.24

沖縄、パシフィックホテルにて、国内クレジットが成立しました。

沖縄県那覇市にあるパシフィックホテル(パシフィック観光産業株式会社)にて、
国内クレジット制度における排出量取引が成立しました。
本施設では冷房期間が長く、冷凍機による排熱量が多くありました。
その排熱をボイラーの重油低減に利用することで、大幅なCO2削減が実現できました。
※2010年4月1日 ~ 2013年3月31日の期間で、1,589t‐CO2の削減
上記数値は、第3社機関の認証を経て、環境クレジットとして活用されます。

【参考】
パシフィックホテル沖縄
http://www.pacifichotel.jp/

国内クレジット制度(国内排出削減量認証制度)
http://jcdm.jp/index.html