ニュースリリース

2016.04.28

岩手県にて当社初の水力発電所「松川小水力発電所」の竣工式を執り行いました。

各位

2016年4月28日
株式会社洸陽電機

岩手県八幡平市の「松川小水力発電所」竣工について
~当社初、地域貢献型の水力発電事業がスタート~

 

株式会社洸陽電機(本社:兵庫県神戸市東灘区、代表取締役社長:乾正博、以下当社) は、4月27日に当社初の水力発電所となる「松川小水力発電所」で竣工式を執り行いました。

  後藤川幹線水路に建設した小水力発電設備 神事の様子

 

竣工式には八幡平市長の田村正彦氏、松川土地改良区理事長の遠藤實光氏、当社会長の山本吉大ならびに協力会社関係者、約30名が出席しました。神事に続き行われた通電式では、八幡平市長が発電所の運転ボタンを押すと入口弁が開き、水が流れ出すと水車発電機が回転し、発電が開始されました。

 当発電所は、後藤川幹線水路の落差工に株式会社北陸精機製の小水力発電設備「パワーアルキメデス」を設置し、農業用水を利用して出力37kWの発電を行います。年間発電量は約30万kWh(一般家庭約92世帯分の年間電力消費量に相当※1)となる見込みで、発電した電力は固定価格買取制度により全量を売電します。平成27年10月29日より建設を開始し、このたび運転開始の運びとなりました。

 本事業は、当社が発電事業者として、松川土地改良区が管理する土地改良施設(後藤川幹線水路)の農業用水を利用して従属発電を行うものです。民間事業者が土地改良施設において単独で発電事業を行うのは、東北圏内では初の事例となります※2。

当社では、多様な国産の再生可能エネルギーを組み合わせて提供することで、社会に貢献することを目標に、電源開発を進めています。本事業では調査・建設・維持管理において地元と密着した事業体制を構築することを目指してまいりました。この松川小水力発電所は、今後20年以上にわたって発電いたします。本事業を、洸陽電機が推進する「地域貢献型水力開発」のモデル事業とし、今後、より地域の方々と連携した水力開発を目指してまいります。

※.1 当社調べ
※.2 世帯当り3,254.4kWh/年で算出 出典:電気事業連合会『原子力・エネルギー図面集2015』 

松川小水力発電所の概要

(1)発電所名  松川小水力発電所
(2)設置場所  岩手県八幡平市 後藤川幹線水路
(3)事 業 者  株式会社洸陽電機
(4)小水力発電システム  株式会社北陸精機製「パワーアルキメデス(高落差圧力管タイプ)」
(5)使用水量  最大0.91㎥/s(通年)
(6)有効落差  6.7m
(7)発電出力  最大37kW
(8)年間発電量  30万kWh(見込み)
(9)本格運転開始日  2016年4月27日

adobepdfプレスリリース 岩手県八幡平市の「松川小水力発電所」竣工について(288KB)