ニュースリリース

2017.10.27

ITシステム導入と関西エリア再値下げのお知らせ~低減コストを顧客へ還元、顧客満足向上への取組み~

株式会社洸陽電機(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:乾正博、以下、当社)は、BOT、AIを導入し、電力の調達から販売に至る一連の業務バリューチェーンを支えるITシステムの高度化を図ります。さらに、新システムによって効率的なローコストオペレーションを実現し、その経済的価値を顧客に還元するため、2017年10月1日から低圧のお客様向けの電気料金をさらに値下げいたしました。

 

■新システム概要

 (1)24時間自動対応システム「チャットボット」(BOT)

トッパン・フォームズ株式会社と提携し、FAQシステム(i-ask:株式会社スカラコミュニケーションズ提供)をエンジンにしたチャットボットを共同監修しました。コールセンター受付時間外も24時間対応可能です。無人のチャットボットと有人のコールセンターを併用することで、より顧客ニーズに沿った対応と、効率的オペレーションを実現します。(2017年10月16日より運用開始)

 

(2)需要予測システム(AI)

人工知能技術を駆使して、気象要因・社会要因などから、電力需要予測を行うシステムです。このシステムは、気象予報士のノウハウ、日射量等の再エネ予測技術、人工知能(AI)の解析技術の一分野である機械学習等の分析手法を活用し、予測精度を高めていくものです。需要予測の精度を高めることで、効率的な電力調達を実現します。(2018年4月頃より運用開始予定)

 

■関西エリア再値下げ

2017年8月の関西エリア価格改定に続き、2017年10月1日から更なる値下げを行いました。今回の値下げにより、地域トップクラスの低価格を実現し、お客様へ従来以上の削減メリットをご提供しています。

今回は、電力使用量が多い個人のお客様向けの「生活フィットプラン」を特に大きく値下げし、関西電力のプランよりも約20%電気料金を削減できます。※ 生活フィットプランをご契約で、時間帯別使用量構成比:デイタイム平日20%、ライフタイム平日50%・休日70%、ナイトタイム平日30%・休日30%という前提で月平均600kWhで試算した場合

料金表はこちらをご覧ください。http://www.koyoelec.com/information/ryokin_kaitei_201710

当社はITシステムを活用することでコストを低減し、電気料金の値下げという形でお客様へ還元いたします。当社は今後も価格、サービスの両面から更なる顧客満足度の向上を目指してまいります。

adobepdf【リリース】ITシステム導入と関西エリア再値下げのお知らせ

 

本件に関するお問い合せ
【報道機関の方】 株式会社洸陽電機 社長室(広報担当 荒田) TEL:078-600-2660(代)
【一般のお客様】 インターネットによるお問い合わせ:https://www.k-epco.net/simulation/apply
          電話によるお問い合わせ:0120-093-109(固定電話のお客様。通話料無料)
                      03-6748-1605(固定電話以外のお客様。通話料有料)
                      受付時間AM9:00~PM6:00