新卒採用

【社員紹介】

大きく変革していく企業で、
確かな成長を実感!

電源開発本部 PV部 主任

【2013年入社】加藤 綾
ある日の私のスケジュール
8:15 現場入場
8:30 全体朝礼、ラジオ体操
8:40 KY(危険予知)ミーティング、
作業内容確認・指示
9:00 現場巡回、職長と打ち合わせ、工程・施工確認
11:45 昼礼
12:00 昼食
13:00 現場巡回、工程表修正、施工図修正、安全書類確認
17:00 片付け、現場安全確認
17:30 現場退場

現場を巡回し安全確認

洸陽電機への入社の決め手はなんですか?
国が再生可能エネルギーの活用に注力するなか、洸陽電機はこれから大きく変革していく企業であり、「ここなら他社にない経験ができる」と思い、志望しました。また、会社説明会で、社長から「大手企業でぬくぬく育つか、中小企業で荒波にもまれるかどちらがいいか」と問いかけられたことも決め手になりました。
実際に働いてみて、教育制度についてどのように感じていますか?
若手社員でも、希望すれば大きな現場を任せてもらえます。そして、主担当として上長と相談しながら現場を進めることで、知識・経験を早く身に付けることができます。こうした実務を通じた教育制度によって、確かな実力がついてきたと実感しています。また、技術部だけでなく営業部も現場に同行することができ、早くから現場の様子を直接見られるのも洸陽電機ならではだと思います。
自分の目標や夢、モットーはどのようなものですか?
目標は「電気・設備両方をトータルで設計できる人材」になることです。
現在は太陽光発電所の建設に携わり、主に電気についての知識と経験を日々身に付けています。
洸陽電機では太陽光以外の再生可能エネルギーの開発や、省エネルギーによるソリューション事業に携わることができるため、幅広い分野を経験し、トータルでより良い設計を提案できる人材になりたいと思っています。
現在、就職活動をしている学生の皆様にアドバイスを!
「この会社で自分は何ができるか」よりも、「自分の夢、目標を達成できる」と思える会社を探してほしいです。